2019年02月14日

TE300i プラグ交換

レースに備えてのメンテ。


最低でも一年ごとにプラグは交換した方がいいので、交換しちゃいます。






P1270571.JPG






標準プラグは『ZGR7GI 13G』というよくわからないタイプ。

一応NGKでラインナップはあるみたいです。

が、さすがに一般的なものじゃないので、注文しても時間かかる。

おまけにチョー高いみたい。

と言ってもプラグなんて高くたって3000円とかでしょ〜?




って思うじゃん?

6000円近くするみたいだよ。びっくり。






そんな貧乏な我々に朗報。


サイズ的にも互換品は『BPR7EIX』のイリジウムプラグ。



P1270570.JPG



左のは元々付いてた指定プラグです。




普通のプラグでももちろんいいのですが、この手のレーサーは回すよりも低回転でのトルクの旨みやレスポンスなので、標準がイリジウムならちゃんとイリジウムを付けてあげたほうがいいでしょう。


posted by 辰 at 22:08| Comment(0) | ハスクバーナ TE300i | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

ノックセンサー交換

ドラシャを交換したので調子よく、雪が降ったら夜は走りにいくという流れなのですが、積雪のなか走り回ったらエンジンチェックランプ点灯。

雪の抵抗がある状態で定速走行している状態でランプが光り、パワーも気持ち落ちた感じ。
でも特に不具合があるわけでもないので、こんなときは多分ノックセンサーだろうなとわかります。


エンジンオーバーホールしたときに、高いものじゃないから交換しようかどうしようか迷ったノックセンサー。
でも症状が出たら代えればいいやと思ってケチったノックセンサーw


それがいよいよ交換となりましたね。



翌日、ダイアグチェックすると22が出ました。

やはりノックセンサーで間違いないようです。



さて、部品注文ですが、純正だと1万くらいしたはずです。

社外品だと、なんと1400円くらいから8000円くらいまでありますw


一応年式で部品番号に微妙な違いがあるので、いつものようにディーラーで品番を確認してからネットで注文。


ウチのGC8Dの純正品番は22060AA061

これ対応の社外品を頼めばOK

値段は4000円くらいのものを選びました。ここで格安品は選ばないというねw




部品が届き、早速交換作業に入りました。

インタークーラーが前置きなので、簡単にアクセスできます。やっぱ前置きだぜ!



このエンジンはノックセンサーの交換は面倒くさくて有名ですね。
狭くて奥まったところにあるのと、結構工具を選びます。
12.7角のコマではまず無理じゃないですかね。
9.5角のでもやり難い。
それ以下の工具セットを持っていればなんとかできます。


しかもエンジン組んだときに固く締めちゃったのか、かなり固いボルトを小さい工具で緩めるのに少し苦労しました。



P1270569.JPG




あとは新品を元通りに組むだけの簡単な作業。

ちなみにネジを付けるときはまず手は届かないと思うので、これもまた慣れてないと苦労します。
コマを使うと微妙に斜めにしか入らないので、ネジが噛ませられません。

センサーの位置を合わせ、マグネットツールでネジを入れて、マグネットの保持力だけでネジを少し噛ませてから工具で固定する流れ。
なので伸縮式のマグネットツールだとネジを回転させられないものもあるので注意。




かなり前にレガシィBE5でやったことがあるので、余裕でできました。
ちなみにBE5の方がツインターボだしホース邪魔くさいしで5倍くらい大変です。
posted by 辰 at 09:12| Comment(0) | GC8インプレッサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

ドラシャ交換

久々にインプレッサネタ。

と言うのも、仕事以外もいろいろ忙しくて、バイクシーズンも終わってそんなにいじるネタもなくてですね・・・



インプレッサもあんまり乗る機会もなくて〜



が、冬遊びに向けてキッチリ準備しておかねばなるまいと。


結構前からフロントドラシャからグリスが飛んでいるのはわかっていたんですよね。

けどブーツ見ても裂けてるわけじゃない。
バンドの締め付けが緩くなってしまったのか、ブーツ自体が劣化して痩せて隙間から飛び出てきちゃってたんです。


ブーツ交換めんどくさいし〜って感じで多少グリスがドラシャ周りに飛散しながらも乗っていたわけですよ。
でもそれやりすぎるとドラシャ自体が終了してしまうので、やめた方がいいです。




で今回、いよいよ暇見て着手しようと思い立ちましたね。やっと。




PC280567.JPG




まぁわざわざブーツ交換しなくても、結構前にゲットしておいたスペアのフロントドラシャがあるので、丸ごと交換しま〜す(横着


リアはかなり前に脱着したことがあるけど、フロントドラシャは実は手元に着てから外したことがない。
つまり、絶対にハブから外すのに苦労する。


案の定、なかなか苦戦しました。
もうね、抜けない抜けない。
風が強くて寒いしで、ちょこっと作業してまた翌日チャレンジして、ドラシャ抜きに2日費やしてますw
おまけにハンマーで左手を擦って手袋の中でちょっと流血するわで・・・



どうやったかと言うと、フロアジャッキに要らないシャフトを載せ、ドラシャの高さに合わせてセット。
それを足で抑えつつ両手ハンマーでぶっ叩きました。
地道に叩いても外れなかったけど、これでやっと外れたわけですよ。

この方法ならもう固いドラシャも怖くない!





隙間からグリスが飛び出たドラシャ


PC280568.JPG



まぁ交換したやつもただ漏れていないだけのものなので、走ったらまたダメになるのも早いかもしれないけどね!
ハブからすんなり抜けるならブーツ交換もそんなに大変なものでもないので、そのときはまたそのときやります。
posted by 辰 at 09:08| Comment(0) | GC8インプレッサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月12日

SSB製バンパー装着

SV650はツーリングはもちろんジムカーナでも遊ぶので、せめてバンパーくらいは付けないと満足に攻められません!


できれば自分で作りたいんだけど、とりあえず手間と暇がないので、無難にSSBファクトリーのを取り付けま〜す。

注文して2週間ほどだったかな〜?
お値段は少し値上がりして54000円


知ってる人は知っている、知らない人は知らないジムカーナのキング 作田さんが作るSSB
ジムカーナ界では断然シェアNo.1ですが、ジムカーナやらない人でも付ける人結構います。
軽さはもちろん、デザインと機能性を両立させたバンパーです。
各方面で使われる車体に合わせたワンオフバンパーの製作も依頼されるほどですからね。




P8220010.JPG



SV650の場合はステム横の左右の化粧カバーを削る必要があるのですが、別になくても困る部分ではないので、カバーは外したままにしてあります。
気が向いたら干渉する部分をサンダーで削って付けようかとは思ってます。



P8220009.JPG




フレームに当たる部分は最初からパッドが張ってありました。

特に気を使うこともなくポン付け設計。



P8220012.JPG



DSCF0287.JPG



P8220013.JPG




必要になるスペーサーやそれに合わせた長さのボルトも付属。
エンジンハンガーボルトなどを利用するため、不用意にボルトを抜くとエンジンが下がることも考えられるため、ある程度の知識や技術が必要とも言えます。

posted by 辰 at 22:41| Comment(0) | SV650 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

チェーン交換

ジェベル250XC


普段からちょいちょい乗ってるので、キュルキュル音が出ててもあんまり気にせず走ってました。
どーせダメなんだから、キレイにしなくてもそのうち代えるしね!って感じで。




で、ネットで欲しいもの注文するついでにチェーンも買ってあるので、交換しておくことに。



P8150001.JPG




テキトーに洗車してから作業開始。


古いチェーンはエンドレスチェーンなので、サンダーのカット刃で切断〜



P8150002.JPG





あとは新品チェーンを通して、Oリングとクリップをつけるだけの簡単な作業。


僕は基本的にはクリップ式でも問題ないと思います。
ただ、向き間違えると割と簡単に外れちゃったりします。
チェーンガイドにも結構当たるしね。


P8150003.JPG



チェーンのコマ数は、付いているスプロケットの数を確認して、純正の丁数だったら諸元通りのコマ数で注文すればバッチリ。
チェーンアジャスターすら緩めることなくピッタリでした。



あと、チェーン交換するなら前後スプロケも交換が基本!

とかたまに見ると思うけど、別にそうとは限らない。
まぁ自分が一般ユースではないのはわかってますが・・・
クリップ式なら、スプロケ減ったらチェーン外して代えればいいし。
ましてやチェーンとスプロケの磨耗具合が同時なんてことはありえないし。
几帳面にメンテさえしていれば実際チェーンの伸びもかなり抑えられるし、スプロケだってすぐ交換しなきゃマズいレベルにはそうそうならないし。


そもそもエンドレスチェーンだってチェーン切らずに前後スプロケ交換できるじゃん?

posted by 辰 at 00:00| Comment(0) | ジェベル250XC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

セレナのリアブレーキメンテ

セレナのタイヤを交換したついでに、リアのドアムブレーキをチェック。
過去にピストンやシールは交換済みでしたが、ちょっと錆とかが気になっていたので。




で、ドラムを外そうとしても片方が外れない!


ネジ突っ込んでグリグリやっていくも、ドラムの端に浮き上がった錆のせいでライニングを引っ張ってきちゃう。
まぁどうせ交換すればいいやってことでそのまま外します。


そもそもライニングも古いし減ってるし、その他のピンやスプリングも錆でガサガサだったので、一式交換!




ドラムの内側の端っこの錆はワイヤーカッププラシでサラサラと磨いてキレイキレイ。
まぁドラムもまだ使えるだろうしね!




部品を注文してみるも、リアのブレーキライニング一式とピン周りの部品必要数分で4000円ちょっと。確か。

安い!

車の部品なんてバイクに比べたら比較的安いっす。


あ、スプリングと言っても前後のライニング同士を引っ張る3本のスプリングはそのままです。


P6270001.JPG



あとは新品をそっくり組み替えて、遊びをおおよそ調整して完了。
今まではブレーキかけたらリアからゴソゴソゴソ〜っとライニングが摺れる音が聞こえていたものが静かになりました。

セレナは冬前に車検を控えているので今やっておくとラクですね。


リアブレーキは年2回のタイヤ交換のときにドラムをパカッと外してエアで吹くだけでもやっておくといいと思います。
posted by 辰 at 21:46| Comment(0) | C24セレナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

ダイアグ23

ダイアグに23の表示が!



そうですね〜


これ、エアフロセンサー異常なんですよね〜



今さらかよ〜って感じっすマジで。
最初に出てくれよ!



あ、なんか書き忘れてるかな〜と思ったけど、イグニッションコイルも新品交換してます。
どっかで書いたかな?
ちなみにIGコイルも点検して異常は見られなかったんだけどね、これも消耗品だからさw
新品は7000円くらいだったかな。値段気にしないんで!




で、インプレッサでお決まり(?)のエアフロセンサーが逝かれたってことなので、もうこの長らく続いたエンジン不調の原因はこれですよ。
アイドリングは不安定&エンストするけど、開ければエンジンは上まで回る。
そんな症状に要注意!




エアフロセンサーが高いのはもう有名な話ですよね。
ワタクシもなにかで見た記憶だと、35000円くらいするイメージを持ってました。
正確には一切知りませんが。
まぁここまできてるし、もう気にしない。注文しなきゃな〜と思っていたのですが、ふと、これ社外品ないの?と思って調べてみると、ありましたよ純正互換品の社外品が。
値段は2万でお釣り来ます。


でもそんな安くて(?)大丈夫なの?


と思うのは当然なのですが、せっかくなので使ってみます社外品。





届いてからモノを見てみるも、センサー部の形状がちょっと違うだけで、純正とそっくり交換するだけでOK
このときもそそくさと部品取り替えてさっさと済ませたかったので、まともに写真も撮ってないですけどね!w
posted by 辰 at 21:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

2回捨てようと思った。

とりあえずターボホースを修復したけど、直前にちょっと調子良さげだったからブーストかけたのにこのときはまた不具合。
まぁ燃料も多く噴いているのでカブったんだろうと。


その日はもう寒かったので放置。

翌日、また始動してみてからプラグを見ると濡れてる。
イリジウムだから一回カブったら復活しないので、しょうがなくまたプラグを注文して交換。




それから時間は経ってるけど、プラグを替えても調子悪い!
新品プラグならなんだかんだで戻ると思ったのに・・・


ってことで、ダイアグ確認やらリセットやらいろいろやっても原因が出てこないので、手当たり次第にセンサー系を交換することにしましたw



スロットルポジションセンサーは最初に交換していました。

次にカム角、クランク角センサーをスペアのエンジンから外してみてチェック。
水温センサーも消耗品なので新品交換。


P1310003.JPG



それでもいろいろやって、ふとダイアグがO2センサー異常を表示。
社外品で1万くらいなので交換〜


P2160001.JPG


このGC8のD型は普通のメガネレンチで交換できます。
物によっては専用の切れ目入りレンチを使わないとならない場合も。


ダイアグ出たから交換したのに、ここまで直らずwww





次、壊れることがあまりないアイドルスピードコントロールバルブ(ISCV)

高いのは知ってたよ。けどさ、どうしようもないじゃん・・・?


これ、37000円しますw

ここら辺は投げやりにやってたので、写真すらない。
そして同時に、『これ代えても直らなかったらバラそう』と思った。ちなみに2回目。






が、直らず!!


他にも各部のエアーホースの亀裂探したりとか、吸気ラインのどっかで2次エア吸ってないかとか、エアフロセンサー部チェック&掃除とか、いろいろやってましたよ。
お決まりのセンサー部を触りながら様子見したりとかね。
ちなみにノックセンサーが壊れたときの症状じゃないのはわかってるので、それは交換していません。



それでもさらに投げやりで直す気を維持しつつ何度もダイアグチェックしてはリセットして・・・直ってない。



この行程、1月から4月にかけてやってますからね?w



が、何度目かわからないセルフチェックをすると、ふとダイアグが表示されました。


 2 3
posted by 辰 at 21:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月03日

〜〜ッパアァァァァン!!っていい音www

雨なので久々にゆっくり出来る日。





ってことで、インプレッサも現在なんとかエンストもせずに普通に走行できる状態に回復となったわけですが、もうね、電気系の消耗品は替えるところは替えたってレベルです。



P1310001.JPG




まず、走ってて、アクセルオフすると極稀にアイドリング回転数以下まで落ちたり、加速していくときに微妙に息ツキ症状がありました。
それほど気になるほどではなかったものの、どっかおかしいよな〜程度に思っていました。

しかし、ブン回せばしっかり走るし、高回転に不具合はなし。
最初はチェックさえしていない燃料フィルタやポンプを疑ったものの、上まであれだけ回るなら違うよな〜と。


で、いよいよアイドリングが少しおかしくなってきたので、どのみち消耗品だし、ちょっと怪しそうなスロットルポジションセンサーを交換。
まぁただなんとなく替えたんですけど、特に意味なし。
あとEJ20でよくあるISCVのチェック。
このGC8はISCVの横に丸いチェックバルブがあるのですが、黒くススが付着していたので、それを軽く掃除。
それでも特に変化はなかったのですが、ここで気づいたのが、このチェックバルブは軽く掃除したところであまり意味がなかったこと。
見た目的にはチェックバルブの役割は果たしている程度には見えるのですが、ススを内側までしっかり取らないとダメっぽい。



で、それをしっかり綺麗にして組んで試乗してみると、なんか調子いい。
なんだこれかぁと・・・・
もちろんこの間にもプラグとかはチェック済み。
テスト走行なのでフルブーストもかけてみたんですが・・・・





シュィィィ〜〜〜〜ン ッパアァァ〜〜〜ン!!!







一瞬で理解できますよ。



『あ、ターボパイプ抜けたwww』







いやね、締め忘れじゃないですよ。
ただ、何回か外したり組んだりしてたときにマイナスドライバでギュっと締めたんですが、それじゃ甘かったんですね。
ちゃんと8ミリのコマでググッと締めてなかったから。



外は真冬で風強くてブリザード。
今考えれば、手で差し込んでおくだけで普通に負圧域で走れたよな〜と思うんですが・・・
そのときはテスト走行なので上着も着てなければ軍手もないし明かりもない。
家まで1分の裏道なので、バラバラバラ言わせながら帰ったんですよw
ちなみに速度は2速で20キロくらいしか出せない。アクセルは半分以上は踏んでる。
そのときのインジェクター開度は20パーセントを超えているwww
これカブるんじゃね?とは思ったものの、とりあえずそれで車庫まで帰りました。





でね、ここからがまた長かったんですよ・・・・
posted by 辰 at 12:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

インプレッサ復活!

え〜、ホント忙しくて・・・w

まさに日高のレースに出るためにハスクをいじってた以来、他に本格的に整備することもなく、いつの間にか春ですよ。

写真撮りながらじっくり整備することもなく、せかせかと車やバイクをいじってたことはあるんですけどね。


キャリィのユーザー車検通したり、雑品カブのエンジン全バラしたり・・・


それらは特にアップするほどでもないよな〜とかやってたら、1ヶ月以上放置だったわけです。





で、タイトルですが、例のGC8インプレッサですが、年末から電装系にイマイチ不具合が出ていて、全く乗ってなかったんです。
ちょいちょいいじりながらテスト走行しかしていなくて、まともに乗ったのが1月1日に雪道で遊んだとき。

そんな感じで調子すっかり悪いもんだから、インプ直したときから思ってたサーキットの冬遊びを楽しもうと思ってたのに、今期の冬を棒に振りましたね。えぇw
修理と言ってもどっかバラして組みなおしてではなく、明らかに電装系(各種センサー)が悪くて、その都度交換してテスト走行して、やっぱりダメじゃん。の繰り返ししてたと言う事です。

ちなみにその不具合探求してるだけで新品プラグ1セットダメにしました。
そもそもエンジン組みなおしたときの新品プラグが、数千キロでこの不具合によりカブって終了。
仕方ないので新品入れて、それをテスト走行2回くらいでカブって終了w

で、仕方ないのでまた新品入れて、いよいよ解決しましたとさ。



まぁ正直センサーの不具合だけによるものではなくて、自分のミスもあったり、ダイアグに出た不具合も一気に出るんじゃなくて、最初に1つ出て、部品代えて、でも直らなくて、しょうがなく他も代えてみて、次はダイアグでなくて、それでも直らないから他も交換し、そしたら次のダイアグが出て、それを交換する・・・

大雑把に言えばそんなルーティーンをやってたわけです。



いやね、OBDで見てもらえば早いんですけど、うちのD型だしさ。
もう割り切って自分でチマチマやってたわけなんです。
で、結局修理まで4ヶ月近くかかったわけでw
毎日触るわけじゃないし、部品調達も何回もしてたしね。





ダイアグ出てないのに調子悪いってのがホント嫌な壊れ方ですよね。
症状がたまに出るけど結構普通に走っちゃうっていうのと同じくらいめんどくさい。
いい加減直らなくて、バラして処分してやろうかと2回くらい思いましたw
さっきも書きましたが、しょうがないのでもう割り切って、交換したほうがいいものはバシバシ交換していったので。



具体的には次回書きますか。
posted by 辰 at 22:03| Comment(0) | GC8インプレッサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする